「大和民族」という視点が欠如している日本のリベラル

朝鮮人やアイヌ人、琉球民族の文化を尊重せよ、日本人は西洋文化を受け入れよと主張する割に、なぜか大和民族の文化に対してはそれを主張すると「ナショナリズム」と否定される日本のリベラル界隈そして緯度おじさん。

日本スゴイの正体は「植民地化」 – Togetterまとめ

「日本フェチ」というサブカルが発生している – Togetterまとめ

本来であれば大和民族の文化もそれなりに肯定されるべきであるが、なぜか彼らは大和民族に関しては文化的に否定された上で他国の文化に塗り替えられるべきであるという主張を平気で行っているわけであるが、それは前述の「文化の尊重」という側面から考えると明らかに矛盾してるといえるのではないのか。

それと、民族教育が問題なのであればなぜ朝鮮学校や大韓民国の教育に対して批判を行うことが無いのだろうか。

朝鮮学校から転出の高校生が、反日教育の実態を明かす。 – 遊爺雑記帳

がつんと! 韓国児童の反日絵画展

教室には首領者の写真が掲げられ、日本人の蔑称を授業で使用し、自国の不法行為には目を向けず、幼児教育や初等教育の段階から領土紛争地域の領有権を主張するような思想や他国への憎悪を煽るような教育を行ってきたわけであるが、なぜそれに関しておじさんやリベラルを標榜する人々、そして在日朝鮮人は朝鮮学校や大韓民国に対して批判してこなかったのだろうか。

1 Trackback / Pingback

  1. 別にカリフォルニアロールを批判しているわけではないが – ももかん

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください