「都市構造の違い」になぜ触れないのだろうか

東海道線から大規模工事をせずにラッシュをなくす簡単すぎる方法 ( 神奈川県 ) – 畳に土足で上がりこめ! – Yahoo!ブログ

東京は「座れる通勤電車」ブーム 大阪は「20年間検討中」のなぜ? | デイリー新潮

緯度おじさんも、週刊誌の物書き連中も、なぜ首都圏と京阪神大都市圏の構造の違いに触れることがないのだろうか。

「京阪神大都市圏」はその名称のとおり、中心都市が分散されている。実際にJR西日本の新快速に草津辺りから姫路まで乗り続けていたら分かることであるが、見事に「京」「阪」「神」の中心都市を代表する駅、具体的には「京都」、「大阪」、「三ノ宮」で多くの乗客が降りていく。

一方で首都圏の鉄道はほぼすべての乗客が東京で降車する。そのため、東京から熱海方面に向かう下り列車がそれほど混むことがない一方で、東京へ向かう上り列車がえげつないほど混んでいるということはざらにある。それに関しては首都圏には「東京」以外の目立った大都市が「横浜」以外ほとんどないということも理由として挙げられる。

京阪神大都市圏の「新快速」をはじめとした中距離列車の役割は首都圏のそれと同じ「郊外から大都市部への輸送」という目的があるが、京阪神大都市圏のそれにはもう一つの目的があり、それは「都市間輸送」である。つまり前述の「京」「阪」「神」間の高速な輸送手段としての役割も担っているわけである。

そもそも、目的が違うものを単純に比較できるものではなかろう。おじさんも週刊誌の物書きももう少し下調べをするべきではないのだろうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください