おじさんは本当に横浜に行ったことがあるのだろうか

なぜ「地上波テレビが情報の最先端」だと思い込む地方人は撲滅されないのか – Togetterまとめ

横浜に関しては2回ほど実際にそこで宿泊して自分の足で歩いていろいろ見てきたわけであるが。

緯度おじさんがテレビに関してええ加減なこと言うてるようなので – ももかん

ホテルのチェックインの時間を待つまでの間に入った横浜市内のとある喫茶店に設置されているテレビでは地上波放送が映し出されていたことや中華街の店先に「テレビで紹介されました」みたいな紙が貼られていたり、駅構内の観光案内所に人気ドラマのキャンペーンに関するポスターが貼られていたりすることになぜ触れないのだろうか。

特に、中華街の件はある意味そこの店舗の店主や従業員がテレビの影響力や重要性を認めているからこそ取材を受けたことを宣伝に利用しているのではないだろうか。つまり、「横浜」という比較的大きな街においてもそこで生活する人々はある意味テレビの影響力を認め、その重要性も認識しているということに他ならないと思われる。

ちなみに、前述のエントリでも述べたことであるが、人気のドラマを録画やInternet配信サービスで視聴している人が比較的多いこともまたテレビが娯楽の選択肢の一つとして位置づけられている証拠と言える。「都会の人はテレビを見ない」という前におじさんは一回その横浜市内の喫茶店や中華街を実際に歩いて見てきてはどうだろうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*