この件をJASRAC叩きに持っていってる連中が多いようであるが

相変わらず「文化の発展を阻害する」みたいな適当な理由をつけてJASRACを叩く連中が多いこと多いこと。

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も:朝日新聞デジタル

例えば、音楽教室の体験や見学の際に歌謡曲を演奏させて見せて「最終的にはこういう楽曲が演奏できるようになります」みたいな形で歌謡曲の知名度を宣伝に利用していた以上、それによって得た利益を権利保有者にある程度還元するのは当然のことであろう。

どうしてもそれが嫌というのであれば、クラシックをはじめとした既に有効期限が切れた楽曲や著作権管理団体の管理下に無い楽曲を正当な手段で許可を得て使うなり、著作権フリーの楽曲を使うなりすればよいだけであって、教材が無くなるという恐れはまったく無いし、音楽教室の生徒が練習できなくなるということも無い。

もちろんJASRAC側の今までの姿勢や利用料の分配の問題をはじめとしてなんら問題が無いとは決して言わないが、権利者側としても明らかに営利目的として使われてる楽曲に関してはきちんと著作権料を徴収できる体制を整えるべきであろう。

仮に今回の件を「文化の発展を阻害する」としてJASRAC側の主張を認めない場合、カラオケや入場料を徴収して演奏するようなコピーバンド、個人が着メロを製作して個人サイトで販売するみたいな他の多くの営利目的での利用に関しても同じく「文化の発展を阻害する」という理由で利用料金の支払いを逃れることができ、逆に音楽そのものが成り立たない状況になる可能性も考えられる。それ以前に、音楽家も作詞や作曲にそれなりに手間をかけている以上、そこへの対価の支払いまで否定された場合、その音楽家や楽曲の存在価値そのものを否定することにもなりかねない。

また、この件はある意味ビジネスチャンスといえるかもしれない。

JASRACが音楽教室から著作権料を徴収?でも、ミュージシャンは歓迎すべき – 俺、まちがってねぇよな?

この件をきっかけに音楽家が音楽教室に対して生徒の練習用に自身の楽曲を売り込めばよいわけであり、そうすることで知名度を高めることも出来なくはない以上、決して悪くは無いと思われるし、この件をきっかけとしてヤマハやカワイも音楽教室向けに楽曲を製作し、他社へもそれを売り込めばそれによる収入が得られることになる以上、決して悪いことばかりではないと思われる。音楽の著作権に関しては決してJASRACに管理させる必要はない以上、JASRACを叩いている連中はなぜそういう主張をしないのだろうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください