なぜ、地方出身者が都市に移住するのかをおじさんは考えた上で発言しているのか

また「緯度おじさん」と呼ばれている人に対する批判や反論であるが。

田園都市線の低民度問題を解決するには「都心をずらす」しかない – Togetterまとめ

田園都市線トラブル問題めぐり沿線住民らいっせいに「地方出身者は田舎に帰れ!」と悲痛な叫び – Togetterまとめ

田園都市線が地方人にキレる理由が首都圏で最も貧弱な「道路事情」にあり – Togetterまとめ

ついに我慢の臨界点を突破した田園都市線「地方」問題。コメント欄で繰り広げられる議論 – Togetterまとめ

都市部に移住した場合はこういうことになるのは目に見えてるわけで、それに関してはわざわざ都市部に移住した地方出身者の自己責任と言えるし、都市やそこのベッドタウンとなった街の在住者もまた居住移転の自由が認められている以上は地方に移住することも出来る。なぜおじさんは地方に移住しないのだろうか。

前述の通り自己責任ではあるものの、地方在住者はわざわざ都市部に移住しているわけで、なぜそうまでして地方在住者が移住するのかという理由も考えなければならない。例えば新潟県に彼らが望むような魅力的な働き口があるのであれば、特殊な理由が無い限りはおそらく新潟県民が大都市に移住することは無くなると考えられる。そう考えると、この問題の責任は地方の雇用の創出や在宅勤務の導入に消極的な企業経営者や経済団体、そして労働者や国にも責任があるといえる以上、おじさんはそこにもきちんと批判する必要があるのではないか。

もちろんそのためには物資の輸送や人の往来に必要な基礎的なインフラが無ければならない。それを整備することで地方に魅力的な働き口が生まれ、地方に人がとどまる、もしくは移住してくることで税収が増え、地方の自立につながるのであれば地方への税金の投入を抑えることができ、おじさんも批判する理由は無いはずであるが。

鳥取県はその存在が「日本の足手まとい」となっていることの自覚を持て! – ボンダイ

同じ80万都市なのに・・・世田谷区と新潟市の格差がひどすぎる! – NAVER まとめ

(NAVERまとめにアクセスすると緯度おじさんに報酬が支払われるため要注意)

このように、おじさんは地方への税金投入やインフラ整備を疑問視しているわけであり、逆に首都圏一極集中を煽るような主張を行っているわけであるが、その発言に矛盾していることに気づかないのだろうか。

1 Trackback / Pingback

  1. どこの緯度おじさんかと思うくらいのクソ提言 – ももかん

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください