ケーブルテレビ事業者の回線を利用した「ドコモ光 タイプC」を12月より開始

「ケーブルテレビを使っているからauに契約」今後そういう時代ではなくなるかもしれない。

「ドコモ光 タイプC」12月開始、CATV事業者の光回線を活用 -INTERNET Watch

株式会社NTTドコモは28日、光ファイバー通信サービス「ドコモ光」において、ケーブルテレビ(CATV)事業者からの回線卸による「タイプC」の新設を発表した。2年契約時の月額料金は戸建て向けが5200円、集合住宅向けを4000円とする予定。今後、サービスエリア拡大に向けて、CATV事業者との提携を進めていく。

NTTドコモでは現在、自ら回線を敷設するのではなく、NTT東日本および西日本から光ファイバー回線の卸売を受け、ドコモ光として顧客に提供している。これらのプランは、プロバイダー(ISP)との提携形態によって「タイプA」「タイプB」のいずれかに分類される。

対して、12月の新設を予定している「タイプC」は、各地のCATV事業者から回線卸を受ける。サービスエリアは、各事業者の営業エリアに準じる。なお、プラン新設にあたって、三重県四日市市を拠点とする株式会社CCJおよび株式会社シー・ティー・ワイ、三重県鈴鹿市の株式会社ケーブルネット鈴鹿との間で協業合意書を締結している。

タイプCの導入により、すでに提携CATV事業者の光回線を利用しているユーザーは、工事不要でドコモ光へ移行でき、ドコモ携帯電話とのセット契約割引の特典を受けられる。

ケーブルテレビの回線で問題となるサーバの構築はどうなるのかな?やっぱり難しいんかねぇ。

NTTドコモがケーブルテレビ事業者から回線を借り受け、利用者に再販する形となり、もちろんNTTドコモの携帯電話利用者は割引を受けることができる。

これにより、ケーブルテレビを利用しているがためにau以外の選択をためらっていたユーザも今後提携事業者が増えればドコモという選択も可能となり、auのサービスに対して不満を持っていたユーザを引き込むこともできるようになるかもしれない。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.