サブブランドMVNOに批判の声

当記事でも触れられてるとおり、元々ワイモバイルはその前身がイーモバイルやWILLCOMであった以上、単純にソフトバンクのMVNOとして扱ってしまうとやや不適切な点も大きいが。

「ワイモバ」「UQ」批判の的に 「ほかのMVNOの邪魔をしている」 (1/3) – ITmedia NEWS

本体のメインブランドのMNO一次契約で価格が下げられるというのであれば、はじめからそうせよという意見もあるかもしれない。

だが、メインブランドがあまりにも肥大化していて動けないというのもまた事実であり、いまや老若男女職業問わず生活に携帯電話が必須となっている時代、サポートコスト削減のためにキャリアの専売店を閉店するとITリテラシの低い顧客にとっては相当困ることになり、運営費削減のためにキャリアメールやLINEの年齢確認に代表される本人確認や決済サービス、公衆無線LAN、国際ローミング、クラウドのデータ保管サービスといった付加サービスを即座に廃止するということもまた難しいことであろう。

ちなみに、元々イーモバイルはデータ通信カード向けにHSDPA通信定額サービスを提供することが主軸であったことから、音声端末やそれ向けのサービスに関しては二の次という状況であったこと、WILLCOMもAirH”以降からデータ通信端末向けに主軸を切り替えたことから他社ほど熱心に付加サービスを提供していなかったことにより、容易に価格を下げられる環境にあったことが今のワイモバイルの低価格路線を容易に実現できた理由と言えるかもしれない。

そこで、安易に動けないMNOに代わってあえてそれを行うためにサポートやサービスを極限まで削ることで低価格化を実現したサブブランドMVNOをわざわざ立ち上げたと思われるわけであるが、他社MVNOもまたあえてそれに対抗しようと低価格という土俵の上で戦おうとしているからこそそうなるのではないだろうか。

前にも言った通り、この問題の本質は携帯電話キャリアから遠い位置に存在するMVNOが低価格以外の付加価値を見出していないことにあり、まずはそこ以外から差別化することが必要なのではないだろうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*