ソフトバンクも段階式定額制を開始

これで各社とも出そろったことになる。

ソフトバンク、3段階のパケット定額「おてがるプラン」 – ケータイ Watch

ソフトバンクは、段階制のパケット定額プラン「おてがるプラン」を6月29日より提供する。利用料は1GBで月額1480円、2GBまで2480円、3GBまで3480円。同社では、割引を適用することで月額1980円からスマートフォンが利用できるとアピールしている。

先行2社とは違い、最大容量は3GBまで。それ以上利用すると通信制限が行われ、それの解除には追加で容量を購入(1,000円)する必要がある。

対象端末は限られており、いずれも低価格帯に位置する端末が大半となる。

おてがるプランを契約できるのは、iPhone SE、Android One S3、DIGNO J、HUAWEI nova lite 2、シンプルスマホ4のいずれかを使うユーザー。

端末に制限が設けられている理由としてはおそらく高価格高性能端末を購入するヘビーユーザと低価格端末で十分満足できるライトユーザとの棲み分けを図るという意味合いがあるのではないかとは思われるが。

ちなみに、ここには記述されていないが注意事項として、この料金プランを適用すると月月割や一括購入割引といった端末購入補助を受けられなくなる。これはauとほぼ同じ条件と言える。

“ソフトバンク”、3段階の定額料が自動適用される「おてがるプラン」を提供開始 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

購入にあたり「半額サポート」を選択できます。月月割、一括購入割引は適用されません。

この料金体系の利点に、月の利用量にムラのある顧客に対して自動的に割安な料金が適用される点にあると考えられる。そのため、本来は端末に制限を設けず、20GBといった大容量にも対応できるようにするべきなのではないだろうか。

先行2社は特に端末の制限は無く、対応しているキャリアフリー端末を持ち込んでも段階式定額制プランに契約することができ、後に対応しているキャリアフリー端末を購入してそれにSIMを差し替えても、キャリアロック付き中古端末を購入してそれに差し替えても同じ契約で使用することが出来る。

ちなみに、ソフトバンクのAndroid OS搭載端末向けSIMとそれに紐づく契約にはIMEI制限が行われているとの噂がある。

ソフトバンク契約のsim simフリースマホに挿しても通信できない

この契約においてもおそらく同じような制限を行う可能性は極めて高いため、SIMの差し替えで契約そのままで端末を移行することはまず不可能と言えるのではないだろうか。まだSIMの差し替えで移行が出来ればこの料金プランも有用と言えるが、もしそれが不可能なのであれば全く持って意味がないと言ってしまって過言ではなかろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.