ヤフオク!が転売目的でのチケットの出品を明確に禁止

転売する目的で入手したチケットの出品について -お知らせ – ヤフオク!

「ヤフオク!」高額転売チケット出品禁止に 関係者「この動きは歓迎したい」

なら、そのチケットの定価以上の価格で販売できないようにするなどの措置を講じる必要も同時に出てくるのではないだろうか。それならば必然的に定価以上の価格で販売できなくなり、高額での転売目的で販売するユーザにとってうまみは無くなる。

そもそも、このような声明をアーティスト側や主催者側が発表しているということはチケットの転売を防止するための電子化やその電子チケットの適正な販売手段の構築をはじめとした共通の枠組みを主催者側で作ることも出来なくは無いと思われる。

しかも、ここでチケットの競売制をはじめとした市場原理を持ち込めば需要の高い公演や座席を高額で販売することによる増収も見込め、場合によっては需要のない公演や座席を安価に提供することが出来ることから今までチケットの価格の問題から公演に行くことをあきらめていたファンも足を運ぶことも考えられ、ファンサービスにつながる可能性が極めて高いのではないだろうか。

他にも、一回その公演のチケットを購入したら次回以降同じ公演のチケットの購入を禁止するみたいなことも携帯電話や個人情報と結びつけることで不可能ではないと思われる。

そういう平等性も同時に確保されることから前述の通り、アーティストや主催者がチケットの電子化に反対する理由など一切ないわけであるが、結局それを行わないということはすなわちチケットの転売市場や裏社会と芸能界との繋がりが今も存在する可能性が極めて高いということも理由の一つとして挙げられるのではないだろうか。

他にも、より多くのファンに公演へ足を運んでもらうためには同じ公演に何回も足を運ぶコアなファンに対して主催者やアーティスト、歌い手、そしてファン自身も彼らに対して苦言を述べるべきであり、自身も自制するべきではないだろうか。同じ公演を10回見に行くファンがそれを1回に減らせば単純計算で9人分の座席が空くことになる。

「このままでは業界全体が死ぬ」今、音楽業界が「転売NO」を叫ぶ理由

しかし、アーティスト側からすると「できるだけ高くしたくない」思いは強い。“お金がある人”だけに自分の歌や演奏を聞いてほしいわけではないし、音楽ファンの未来を考えても、若い学生がお年玉やアルバイトで貯めたお金で来てくれた「たった1回」には大きな価値がある。「高く売れるなら、高く売ろう」という話ではない。

少なくとも、アーティストや歌手側が「音楽の未来のため、公演へ行くための敷居を上げたくない」と考えていると思うのであればファン自身がその思いをくみ取って同じ公演へ何回も足を運ぶことを避けるべきではないだろうか。結局主催者やアーティスト、歌手側もコアなファンのそういった他のファンに対する妨害行為ととれる行動を良かれと思っているのであれば何回も言うが、素直にチケットの競売制を導入しても良いのではないだろうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*