世の中にはあなたみたいな無職の暇人やITリテラシの高い人ばっかりやないしねぇ

というわけで、私も新しいMacintosh買うよりもはるかに安いっちゅうことでWindowsへ乗り換えた口なんやけど。

新型MacBookProに何十万もつぎ込む人、馬鹿なんじゃないか? – 30歳からの敗者復活戦

Mac信者とApple信者がたくさん湧いたので、反論する。 – 30歳からの敗者復活戦

新品で購入すると付いてくる保証が中古では必ずしも付いてくるわけではないし、付いてきたとしても元の所有者が使ってた期間の保証は無くなる以上、新品で購入した場合と比較して期間は短くなる。

そう考えると、保証なしのマシンを購入して自分で何とかできるような暇人でかつITリテラシの高いあなたみたいな人であれば保証は無駄と考えるのも当然ではあるが、それを仕事に使っているような人であればそのトラブルへの対応時間も無駄ともいえるし、それを仕事に使わせている立場の人であれば使う側の人のITリテラシが決して高いとはいえない以上、保証やサポートは無視できない項目となる。

それ以前に、松下辺りと比較するとAppleのマシンは比較的安い部類に入るわけであるが、なぜそこには触れないのだろうか。それと、例示されているDELLのマシンで開発環境やAdobeのデザイン系ソフトは快適に動くのだろうか。MacBook Proはそういった目的に使われるものである以上、それに対応するものとして例示する場合は性能が近いものを選ぶべきであろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください