人は大豆だけ食って生活してるわけではなかろう

「小学生レベルの知識」と言っているが、逆にそれを知らないのはおじさん自身なのではないだろうか。

「地方が都市を支えている」という虚構を論破する – Togetter

地方が日本の食を支えているんだとかいう謎の主張がある。JA全中の地盤のあるような田舎県民ほど真顔で言っているけど、これは小学生の社会科レベルの事実誤認。実際には日本の食料のほとんどは海外から輸入していて、大豆に至ってはほとんどが輸入モノしかない

twitter.com/bonchacchanga/status/1000605529020907522

地方が日本の食を支えているんだとかいう謎の主張がある。JA全中の地盤のあるような田舎県民ほど真顔で言っているけど、これは小学生の社会科レベルの事実誤認。実際には日本の食料のほとんどは海外から輸入していて、大豆に至ってはほとんどが輸入モノしかない

一回駅前のイトーヨーカドーか国道沿いのイオンの食品売り場を見てきたらどうだろうか。

確かに日本の食糧の大半が輸入に頼っているのは事実であろう。だが、残りの約4割はいったいどこから来ているのだろうか?少なくとも東京のど真ん中というわけでは無かろう。

そもそも日本で生産できないかもしくは難しいバナナやコーヒーもほぼすべて現状輸入に頼っているわけである。そういった特異な例を取り上げて「日本の食品の大半は輸入で賄える以上、日本で食料を生産する必要がない」という主張を行うのはあまりにも乱暴な話なのではないだろうか。

人は大豆だけを食って生きているわけではない、今や日本の食卓には色とりどりの食材が並んでいる。将来的に大豆から「ソイレント」のような完全栄養食が作り出せるようになれば大豆でそれを生産するだけで対応できるわけであるが、果たしてそんなことは出来るのだろうか。

それ以前に「ソイレント」のような完全栄養食自体が経済的合理性を目的に開発されたものである以上、それこそおじさんの忌み嫌う「効率至上主義」を象徴するものと言えるのではないだろうか。

前述のとおり、「人は大豆だけを食って生きているわけではない」。食は一方で「娯楽」としての側面も持ち、食材に含まれる栄養素にも気を使う必要がある。つまり「いつどういう形で何を食べてもよい」というわけではない。

これは小学校の保健体育や家庭科の授業で行われている「食育」の分野で学ぶことであり、「食育」をはじめとした食に関する教育がまともに行われていないアメリカ合衆国の国民の肥満率が高いことは誰もが承知のことであろう。

「食」だけではなく「物流」や「工業」という側面から見てもあまりにもええ加減な主張であろう。例えば日本において自動車や家電製品の工場、小売店の物流センターがどこにあるかを考えてみたらよい。少なくとも東京都心のど真ん中というわけは無かろう。東京都内の移動や物流を支えている自動車はいったいどこで作られているのだろうか。東京都内の家電量販店に置かれている日本製の家電製品はいったいどこで作られているのだろうか。

仮に、南関東だけで独立できるなら今すぐにでもやってみたらいい。ただ、周りの国から物資の輸入を断られたらすぐにその独立国は成り立たなくなると思うが。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください