例の某社がそんなまともなこと言うかいな

携帯電話キャリアがISPとして、違法コピーサイトに対するアクセス制限に乗り出すとのこと。

海賊版サイトブロッキング、KDDIとソフトバンクの見解は – ケータイ Watch

いずれにせよ、携帯電話のみならず一般的なプロバイダであってもプロクシやVPNで日本のネットワークを迂回、もしくは穴を開けて利用する。またはTorのような匿名ネットワーク上でやり取りされるようになった場合はどれだけ強いフィルタリングを行ったところでそれが意味を成さないことから、実効性の面から考えると無駄としか言いようがない。

仮にTorなどの秘匿手段を規制するとなると、逆に非民主組織に対する政府批判や企業の内部告発を行う場合に大きな問題が出てくる可能性が高い。著作権侵害に関しては言うまでもなく問題であり、それに対する対策を講じる必要はあるが、今回のフィルタリングは前述のとおり実効性は薄いのではないだろうか。

NTTドコモは真っ先に対応し、auも対応を検討する中、ここでソフトバンクの主張は。

一方、ソフトバンクは「著作権などが侵害される事態を放置しておくことは看過できるものではなく、早急に対応すべき重要な問題として認識している。しかし、ブロッキングは通信の秘密を侵害する懸念もあり、慎重な議論が必要であることから、電気通信にかかわる業界団体などとも連携し、法律や制度、運用方法など、さまざまな観点から実行可能な方策を検討していきたい」とコメント。

ここではそのアクセス制限の是非については一切触れない。

一見まともそうなことを言っているソフトバンクであるが、結局のところは著作権無視で無料で漫画を読みたい顧客に配慮した(そんなことは考えたくないが)うえでコスト負担になるような対策を行いたくないというだけの話であろう。

過去の電波法違反事例やADSL時代からの他社に対する妨害、契約時の本人確認の問題に同社の携帯電話を利用して行われた詐欺などの違法行為とそれに対する対策不足、過去のYahoo!BBにおける個人情報漏洩問題に他社追従料金プラン(ブループラン/オレンジプラン)におけるNTTドコモが発表した「定額データプランHIGH-SPEED」へ追従を行わなかったことを考えると、同社が法や社会通念、消費者への公約を守るような組織ではないとどう考えてもそういった見方をせざるおえない。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください