初めての帯域制限

今まで携帯電話の帯域制限には一切かかったことがなかったため、帯域制限と無縁の生活を送っていたものの、この間のmacOS 10.12のインストーラと各種パッチ類、Xcodeを取得するためにあっという間に前日と合わせて3日の合計12GBを突破した。

通信量 12.07GB

前述の通り、初めての経験であり珍しいことでもあるため、速度を計測してみることにした。

Speedtest.netの結果

1.02Mbps

RBB Speedtestの結果

1.32Mbps

おおよそキャリアの公称通りの速度になっているようである。

YouTube標準画質

このように、キャリアの公称通りYouTubeの標準画質は十分視聴可能であり、

Slingbox視聴

十分な電界強度が得られていれば通信速度自体は比較的安定するため、動画コンテンツ視聴時もそう途切れることはない。

さすがにピークで30から100Mbps程度の通信速度が出ることを考えるとこの規制はかなり厳しいものであると思われるが、現実にドコモMVNOの通信量定額サービスの実測値が1Mbps未満なんてことはザラにあることを考えると特別厳しいものではないと言えるのではないか。

だが、Google Mapsをはじめとした最近のWebサービスを利用する場合、読み込みに若干の遅さを感じることがあるものの、待てばきちんと表示されることと通信制限がなされる時間帯がデイタイム帯における夜間(18時から翌朝2時まで)のみとなっていることから、業務で昼間に大容量のファイルをやりとりしたい、出先で昼間に地図を携帯電話やスレート型端末で確認したい、旅行先でSNSに撮った写真を公開したいといった用途には十分対応できるのではないだろうか。別に夜間は自宅や宿泊施設の無線LANを使えばいいわけで。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*