宇都宮もそこだけで完結するわけではなかろう

また緯度おじさんがええ加減なこと言うてるわけであるが。

生活導線の差を首都圏郊外と地方都市で比べれば「地方特権」がだいたいよくわかる – Togetter

問題は、湘南の生活は湘南ですべて完結不可能であることだ。充実した郊外地帯ではあるが、茅ヶ崎駅で事足りないことは藤沢駅で、それでもだめなら横浜、さらに上位の用事は東京という風になる。毎朝の過酷な東海道線の通勤ラッシュを見るに、土着の民の一部以外の多くは「湘南都民」だ

twitter.com/bonchacchanga/status/979375362667769857

問題は、湘南の生活は湘南ですべて完結不可能であることだ。充実した郊外地帯ではあるが、茅ヶ崎駅で事足りないことは藤沢駅で、それでもだめなら横浜、さらに上位の用事は東京という風になる。毎朝の過酷な東海道線の通勤ラッシュを見るに、土着の民の一部以外の多くは「湘南都民」だ

宇都宮市民の場合は大半の人は家から車で最寄りの幹線道路に出て、その道沿いに勤務地もチェーンストア群もショッピングモールも役所も総合病院もある。4車線道路や6車線道路がクロスしあい、交差点を曲がって進むとまた広い道路にぶつかる。充実した道路があり、地域も家の敷地も広く車は一家に一台

twitter.com/bonchacchanga/status/979376147271069696

宇都宮市民の場合は大半の人は家から車で最寄りの幹線道路に出て、その道沿いに勤務地もチェーンストア群もショッピングモールも役所も総合病院もある。4車線道路や6車線道路がクロスしあい、交差点を曲がって進むとまた広い道路にぶつかる。充実した道路があり、地域も家の敷地も広く車は一家に一台

別に、宇都宮の市民が同市内で生活を完結させているということは決して無かろう。

我々滋賀県民も買い物や用事を済ませるために県境を越え、新快速一本で行ける範囲の京都や大阪、神戸、場合によっては足を延ばして名古屋や東京へ行くということもざらにある。その理由としていざ凝ったものが欲しいとなった場合、地元の小売店ではそれを展示販売している店舗が存在せず、直接目で見て選ぶことができないためである。特に大津のパルコがなくなってからCDや専門書を買うときでも今や県外に出なければならず、非常に不便な状況となった。

言うまでもなく、宇都宮の家電量販店に行くよりも秋葉原の電気街や新宿のヨドバシカメラへ行くほうが圧倒的に品ぞろえは多く、ファッションにしても地元の洋品店やスーパーよりもはるかに凝ったものが渋谷や原宿の洋品店には並んでいることであろう。現に、京都まで特急一本で行ける福井(嶺北)の人もまた京都まで買い物に行っているという話を聞く。

つまり、大都市部と地方との文化的な格差というのもまた決して埋められていないことがまた大都市部へ人を集める理由の一つと言えるのではないだろうか。そうやって大都市部へ人が集まった結果、インフラに対する需要に供給が追い付かず、おじさんが主張するような問題が起こっているのではないだろうか。

1 Trackback / Pingback

  1. それをわかって武蔵小杉、いや南関東に来ているのであれば自己責任であろう – ももかん

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.