極端な事例を持ち出して批判するのはどうだろうか

徳島市の幹線道路は片側3車線。歩行者なんていやしないのに歩道もめちゃ広い!これは国道だから国民の税金で作られてるんだよ。あなたも私も、たぶん徳島市なんて死ぬまでに一度も行かないと思う。つか四国自体に行く価値ある?

徳島市の幹線道路は片側3車線。歩行者なんていやしないのに歩道もめちゃ広い!これは国道だから国民の税金で作られてるんだよ。あなたも私も、たぶん徳島市なんて死ぬまでに一度も行かないと思う。つか四国自体に行く価値ある?

twitter.com/bonchacchanga/status/970298435113910279

東京にも片側4車線の道路が無いということはまず無かろう。

内堀通り

東京23区内の一部を表示したGoogle Mapsのハードコピーであるが、これはいったい何なのだろうか?誰がどう見ても片側4車線あることは目に見てわかることであろう。つまり、東京にも片側4車線以上の道路が存在することになる。

それ以前に、大都市部には都市高速も存在し、さらには3分間隔で停車する充実した鉄道網やバスも存在するではないか。

現実問題大都市圏、特に首都圏においては自動車以外の充実した交通網、特に下駄感覚で使えるような鉄道が網目状に都市部を張り巡らす形で存在することから、あえて自家用車を所有しないという選択を行う人々も数多い。大量の荷物を輸送するみたいな一部の条件下を除き、むしろ自動車を利用することが不便といえる状況であるということはそれの代替手段が充実しているということに他ならないのではないだろうか。

逆に、そういった充実した交通網が存在しない地方においては何をするにしても出かけるには自動車が必要という状況になるのは目に見えている。鉄道など近くに駅すらない、バスも数十年前に廃線になったような街から10km以上離れた集落に住む人々に対して街のスーパーに買い物に行くために「徒歩で行け」、「自転車を使え」と要求するのも酷な話であり、仮に宅配サービスや移動店舗の車両をここに向かわせるにしてもまずは道路状況の改善が必要になるのではないだろうか。

宇治の山奥

特に、山奥辺りになるとまだまだ四輪自動車での離合が困難な道がざらに残されていたりする。ちなみに、このハードコピーに表示されている写真は京滋バイパスの出入り口からそれほど離れていない場所のものである。もちろんここからちょっと進めば小さな集落も存在する。

前述の経緯で自家用車で街にやってきた人々が集まってきたら次は街が渋滞する。もちろん街に住む人々やその街やその先の街に物資を輸送する人々も自動車を使うため、街中の道路は混雑することも目に見えてわかる。そういう経緯もあり、徳島の道路とやらは改善がなされたのではないだろうか。

一方、世田谷通りはこれ。対面通行。これでもまだ世田谷の幹線道路では整備事情いいほうだよね?右折レーンあるし、歩道が「人がすれ違える幅」あるし。こういうおかしな日本の道路事情を招いた元凶、地方です

一方、世田谷通りはこれ。対面通行。これでもまだ世田谷の幹線道路では整備事情いいほうだよね?右折レーンあるし、歩道が「人がすれ違える幅」あるし。こういうおかしな日本の道路事情を招いた元凶、地方です

twitter.com/bonchacchanga/status/970298929341390848

(緯度おじさんが公開した映像。Twitterアカウントに閲覧制限が行われ、まとめも削除されたため、ここに掲載しておく。)

おじさんが公開しているこの動画を見ていると、その道路脇には多くの建築物が見受けられる。仮に世田谷通りとやらを拡幅しようとするとその建築物や土地の所有者に対して立ち退きを要求しなければならないわけであるが、果たして今更それができるのだろうか。

極端な話、おじさんの自宅が道路の建設予定地となった場合、その立ち退きに素直に応じるのだろうか。

奈良線の単線区間や滋賀県の国道8号線もそれが原因で改善が難しいかできていない状況である。どちらも利用者増による混雑が問題になっているのは言うまでもない。

公立の博物館を比較しても世田谷はこんな小ぶりなのに徳島はバカでかいじゃん。世田谷というと歴史的にみて芸術家ゆかりの土地で、今も高尚な文化をたしなむようなエリートが多く住む街だよね?田舎の徳島なんてパチンコ通いのマイルドヤンキーとジジババしかいないのにこれは明らかに無駄では

公立の博物館を比較しても世田谷はこんな小ぶりなのに徳島はバカでかいじゃん。世田谷というと歴史的にみて芸術家ゆかりの土地で、今も高尚な文化をたしなむようなエリートが多く住む街だよね?田舎の徳島なんてパチンコ通いのマイルドヤンキーとジジババしかいないのにこれは明らかに無駄では

twitter.com/bonchacchanga/status/970300215684087808

美術館の一覧 – Wikipedia

美術館だけをとってみても、東京都内の美術館はここに掲載されているだけで52存在し、例示されている徳島県には4件しかない。

ほかにも東京都内にはハイカルチャのみならず大衆文化という側面でも充実しているではないか。おじさんの言い方では地方には「パチンコ」しかないわけであるが、東京都内では街中を歩けば四六時中なんかしらのイベントが行われており、秋葉原辺りに行けばアイドルのコンサートをほぼ毎日見に行くことができ、落語や歌舞伎も毎日のように公演が行われており、映画館も徳島県内と比較すると山ほどある。もちろん東京都内にもパチンコ店はある。

一方で徳島のような地方ではアイドルのコンサートや落語、歌舞伎を見るためには年に何回かの公演日を待たなければならず、映画館も数少ないため、遠く離れた映画館に自動車で向かわなければならない。もちろん山奥や田畑が広がるような集落で大都市のようにそこらでイベントが行われているということはまず無かろう。

そう考えると、東京は地方と比較すると圧倒的に恵まれているといえるわけであるが、その点おじさんはどう考えているのだろうか。前にも言ったが、民間によるインフラ整備を忘れてはならない。最近関西で頻繁に宣伝が行われている「nuro光」や過去のWiMAXやLTE、イーモバイルのサービスといった新しいサービスや製品がいち早くかつより安価に利用できるのも都市部からであろう。

平成30年3月5日 19時51分追記

中国人が逃げられない、「戸籍格差」の現実 | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

それを体現した国が実際にあり、それは「中華人民共和国」と言われているわけであるが、そこでは出身地によって「都市戸籍」と「農村戸籍」という形で明確に身分が分離されており、日本の住民票のような感覚で自らの意思で相互の戸籍を移動することは相当難しい。

もちろんその戸籍間には格差があり、それは社会保障や進学、その先の就職にまで関わってくるわけである。

たとえば東北地方や九州地方出身の人が並大抵の努力で東京大学に進学することができない一方で、東京都民やその周辺の都道府県、もしくは大都市圏出身であれば容易に東京大学に進学することができる。企業が求人を行う際に「東京都民限定」、「政令指定都市出身者限定」という形で出身地や居住地を明確に指定できるといったことが起こりえるわけである。

確か、おじさんのルーツは以前に述べていた通り東北にあったと思われる。そう考えると、日本でこのような出身地による身分差別が行われているとなると自身の親がより高い報酬を求めて大都市に出てきたとしても場合によっては大都市でまともな報酬を得られるような仕事に就けず、今の中国の農村のように年10万円以下で生活をしなければならないといったことも出てくることであろう。

幸いにも、日本にはそこまで大きな格差は存在しないが、今のおじさんがこういったことを口にできるのもまさに日本で居住移転の自由や職業選択の自由が認められ、身分制度が形骸化しているからではないだろうか。

平成30年3月7日 2時10分追記

世田谷区の地理に詳しい者から国道246号線およびその上を通る首都高速、都道311号線の存在が指摘されている。

国道246号線

都道311号線

これらはいったい何なのだろうか?どう考えても片側3車線あるではないか。

しかも、国道246号線の真上には前述のとおり首都高速が通っており、それも含めると合計片側5車線存在することになる。

タイトルの通り、その地域で最も広い道と狭い道を比較して「地方は恵まれている」と主張することはあまりにも問題がありすぎるのではないだろうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください