ドコモMVNO、「@モバイルくん。」に契約してみた

平成26年5月12日現在の情報です。現在の状況についての質問をお受けしたところで回答はいたしかねます、ご注意ください。

外出先でのInternet接続に、以前はUQ WiMAX、それ以前はイーモバイルのプリペイドサービスを利用してきた。

だが、UQはエリアの穴が多いため、使いたいと思った場所でそれほど使えず、イーモバイルは比較的エリアの穴が少ないものの、入金および料金プランの登録がめんどくさいため、いっそのことイーモバイルのポストペイドプランに乗り換えようかと思っていた矢先にこのようなサービスを見付けたため、契約してみることにした。

選べる料金プラン | @モバイルくん。の特長 | 安心データ通信サービス「@モバイルくん。」

@モバイルくん。 3G料金プラン

なんと、ドコモ回線を利用した3Gの接続サービスが使い放題とのことらしい。ちなみに、回線を所有してるドコモは現在、3G専用の容量制限が無いデータ通信端末向け料金プランに関しては既に契約を打ち切っているため、そういう意味でも貴重と言える。

今回契約したプランは3G使い放題プランである。

契約を行なうと、メール便でこういった書類が送られてくる。

@モバイルくん。書類

ちなみに、SIMもこの中に入っていたりする。

しかし、期日までに返却を行なわないと別途遅延損害金が請求されるSIMを保険も何も無いメール便で発送するのはあまり良いと言えるものではないと思われるが、その辺りはどうなのかと思ったりする。

ドコモSIM

SIMはこれ。

ちなみにイーモバイルが販売していたキャリアフリーの無線LANルータ、GP02で使用しようと思っていたため、標準サイズで注文したものの、届いてきたのはMicroSIM。

あらかじめ連絡はあったものの、向こうの手違いらしい。まあ、以前にXperia VLでiPhoneのSIMを使おうと思って購入したアダプタのセットの一部が残っていたため、それを使えば良いわけではあるが。

GP02 ドコモネットワーク検出

SIMを端末に挿入し、電源を投入すると早速ドコモのネットワークを検出するが……このままでは接続が出来ないため、APNの設定を行なう。

GP02の場合は設定画面にログインし、左の「設定」から「3G設定」を開き「プロファイル設定」を開く。

プロファイル

一見すると何も入力できないようになっているが、「プロファイル名」に適当な名前を入力すると、他の項目も入力可能となる。この場合、「atmobilekun」という名前で入力を行ない、同封されていた書類に記入されているユーザ名、パスワード、APNを入力し、「保存」を押すと情報が保存される。

次に左の「接続」を開くとこのような画面が表示される。

「接続」画面

下の「接続先変更」を開き、

接続モード設定

「プロファイルリスト」から先程設定したプロファイルを選択、「適用」を押すと、そのプロファイルが有効になり、Internetへの接続が可能となる。

気になる回線速度は以下のとおりである。

speedtest.netの結果

USENの結果

ちなみに、イーモバイルのHSPA+の場合は同一の場所でこれの倍の速度をほぼコンスタントに叩き出しているため、特別速いといえるものではない、むしろ遅いと言える。

使用感は今時のWebサイトを閲覧するのには不満を感じるところがあるものの、YouTubeの480p品質の動画の再生やラジオのInternetサイマル配信は普通に利用可能。ちなみに、radikoのエリアは東京と認識される。

26年5月18日追記

特にプロトコル制限は行なわれていないとのことであるため、L2TP Over IPsecやPPTPといったVPNも使用可能である。ただし、データ取得目的で使用するには通信速度が遅いのが難点と言えるが。

26年11月14日追記

おそらく利用者増に伴う品質低下であると思われるが、デイタイム帯(12時から22時頃)で非常に速度が低下してきている。当Webサイトではその状況を逐一提供していく予定である。

@モバイルくん。ここ2日ほどで通信速度が極端に低下