相変わらず特大ブーメランを投げているようであるが

JASRAC理事の発言を「中学生レベル」と貶めている割に、この記事自体が自らの品位を下げていることに気づかんのがまたねぇ。

netgeekによるJASRAC理事への誹謗

【朗報】JASRACが訴えられることに。ヤマハ、河合楽器、島村楽器らがタッグを組んで訴訟団体を結成 | netgeek

世論が一斉にJASRACバッシングを始めるのも無理はない。とにかくJASRACは独占状態なのをいいことにめちゃくちゃなことをやっているのだ。

株式会社NexToneやダイキサウンド株式会社という団体がすでに存在することを知らないのだろうか。ちなみに、前述の団体は「株式会社」であり、そこでの利益の一部は必然的に株主へ流れることになる以上、「音楽家への還元」という側面から見たらなおさら批判されるべきではあるが、なぜそこを批判しないのだろうか。

JASRACが赤字になっても還元すべきだ。どうせ全体ではボロ儲けしているのだから。

前にJASRACの徴収額と分配額は公開されているということを書いたわけであるが、なぜ公開されている情報をあたかも隠しているかのように言い切るのだろうか。

ちなみにTwitterのフォロワー数を戦闘力と見なすならば、230万フォロワーの宇多田ヒカルが最強で4万フォロワーの玉井克哉氏は虫けらのようなもの。無料で使ってもいいと言っている宇多田ヒカル様のご意見に従えJASRAC。

宇多田ヒカル、JASRACの方針に「学校の授業では私の曲を無料で使って」 : スポーツ報知

宇多田は、この様子を報じた記事ををリツイートし「もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権なんか気にしないで無料で使って欲しいな。」とのメッセージを添えた。

いや、宇多田氏の言う「学校での教育目的」でかつ「非営利」であれば既に無許諾で使える状態にはなってるわけやけど。

逆に言えば、JASRACは宇多田氏のような著作権法に疎い音楽家であってもそれを考えずに音楽活動に専念できる環境を作ってきたとも言えるわけで、その功績は大きいものであろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください