誰が一番悪いとも言えない以上、もう悪者探しはやめよう

「携帯電話市場の健全化」とは言えども今の携帯電話市場を作ってきたのは携帯電話キャリアと端末メーカーもそうではあるが、消費者もまたそうであるわけで。

記者の眼 – 終わらない携帯電話料金の引き下げ議論、問題の根源は「アップル」:ITpro

現在主流の論説はインセンティブ制度についてキャリアを叩くものやそれを利用して端末を安価に入手した上でキャッシュバックなどの特典を得るユーザを叩くものが圧倒的に多い。ただ、それは明らかにおかしいのでは無いか。

確かに情勢の変化に伴いインセンティブ制度が制度疲労を起こし、ユーザ間の公平性を妨げてるという主張に関しては否定する物では無い。だが、インセンティブ制度が果たしてきた功績やキャリアがキャッシュバックみたいな特典合戦に走り出した経緯、インセンティブ制度が意味をなさなくなった経緯、携帯電話料金が高騰した経緯を考えると私はまたキャリアや端末メーカーだけではなく消費者やそれを是正しようとして失敗している総務省にもまた問題があるのでは無いかと考えている。

まず第一にインセンティブ制度の功績から。これによって日本で高性能端末や高品質な回線、新しいサービスがどんどん普及したことは言うまでも無い。初期の携帯電話の普及からiモードをはじめとした文字通信、GPSによる位置情報取得機能、第三世代携帯電話による品質の向上、カメラ搭載携帯電話、非接触式ICカードなどなど、それらはインセンティブが無けりゃ普及する見込みも無く、それを利用したサービスを提供しようとする人々やそれに対して投資するような個人や団体も現れなかったことと思われる。

これにより、高性能端末や高品質な回線が普及することによって登場したサービスというのも数多い。エンターテインメント分野は言うまでも無く、文字通信が無ければ災害用伝言板みたいなサービスも実現されておらず、高速でかつ安定した回線が無ければLINEみたいなサービスも実現されていなかったことと思われる。カメラを利用することでSNSで災害の情報を迅速に他のユーザに伝えるみたいなことも出来るようになった。

そういう形でユーザはインセンティブ制度により多大な恩恵を受けたわけではあるが、その事実を無視した上で批判するのは間違っているのでは無いか。もちろん消費者もそれを受け入れていたというのもまた事実であろう。故障した際に今持っている通話専用の端末を修理するより買い換え、新しい機能を楽しむことを選んだのもまた消費者である。

もちろん近年の携帯電話における技術革新が停滞していることを否定するわけでは無い。ただ、Amazonが自動会計サービス「Amazon GO」を始めたように、携帯電話と連携させることにより、より発展が期待できるようなサービスが現在も開発が行われている以上、私は技術開発やその技術の普及に対して携帯電話キャリアの協力を仰ぐことや携帯電話キャリアがそれを後押しすることを否定することは間違っているのでは無いかと考えている。現にインフラ関係は携帯電話キャリアの協力が必要不可欠である。前述のサービスも携帯電話キャリアによる通信料の低廉化が無ければ実現や普及は難しかったことと考えられる。

次にサービス競争が停滞したもう一つの理由として総務省がいらん介入をしたこともまた原因があるのでは無いかと考えている。総務省が携帯電話キャリアに端末代金と通信サービスの利用料金を分離することを求めた結果、各社2年の割賦払い制度が導入され、端末の買い換え周期が長期化され、旧機種の焼き直しのような端末ばかりになり、キャリアも端末を速やかに普及させることが困難となり、サービス面での差別化が困難になった。

その結果、「サービス」で差別化を図ることが困難となったキャリアはまた別の方法で差別化を図る必要があるが、その一つを奪ってしまったのは「消費者」である。

日本国内ではじめにiPhoneを販売したのはソフトバンクであるが、当時のソフトバンクはエリアも狭く、他社と比較して品質も相当悪いものであった。だが、iPhone目当てのユーザが契約することでその品質の悪さが露呈され、ユーザはソフトバンクに対して品質の改善を申し入れていくわけである。そこでユーザの尻馬に乗ったソフトバンクは他社と品質を競い合うかのように基地局の増設などをはじめとした品質改善を行ったものの、その結果、主要三社の品質はほぼ横並び水準となったものの、提供価格も各社横並びとなり、事実上競争が困難となってしまった。

もしそこで、違約金や端末代金の残債を支払ってでもユーザがより品質の高い他社へ乗り換えたり、品質が悪いことを割り切って使用し、同社に品質の改善を求めることが無ければ。そして同社もユーザの尻馬に乗るようなことが無ければこのような自体にはならなかったと思われる。

その影響からか、ツーカーやWILLCOM、イーモバイルといったかつて存在していた特色を持ったキャリアというのも主要三社に買収され、現在は存在しないか細々とサービスを続けているという状態にもなっている。

その結果、「サービス」という側面でも「品質」という側面でも競争の手段を失ったキャリアはキャッシュバックや端末の値引き販売といった特典に力を入れるようになったのではないか。

携帯電話料金がいつまでたっても下がらない、その原因を作っているのもまた手厚いサービスを求める消費者や端末の操作性の統一という議論を行わないAppleやGoogleおよびAndroid OS搭載端末製造メーカーでは無いか。フィーチャーフォン時代はMOAPやKCPという形で端末の操作性の統一に関する議論というものが行われていたものの、今ではスマートフォンが主流となり、端末の操作性の統一に関してはその時代から比較すると相当逆戻りしてしまうことになった。現にiPhoneとAndroid OS搭載端末とではその操作性は相当異なり、Android OS搭載端末同士であってもメーカーが異なればまた操作性が相当異なるといった自体も起こっている。

そこで、携帯電話販売店の店員には契約に関する条件の教育のほかに一介のパソコン教室の指導員並の知識レベルが要求されることになってしまい、教育コストやサポートコストがかかることになったこともまた携帯電話料金の高騰の原因につながっているのでは無いか。

本来であればAppleが突きつける要件を飲んだ上で端末の販売台数にノルマを定められた上で薄利多売をやらされることに関してキャリア側にとってもメリットは無いはずである。それをわざわざキャリアが飲んでいるということはそうすることによるメリットが大きいからでは無いのか。具体的にはiPhoneに統一することで操作性の統一につながり、他社ともある程度共通化されてる以上はユーザ同士のコミュニティというものも確立されており、しょうも無い操作方法を説明するためにキャリアの専売店は動く必要が無いといったことがあげられる。

そういった事情を考慮せずにAppleだけを批判するのもまた間違っているのではないか。そしてこの問題に不満を感じるのであれば操作性の統一に関する議論を行うようGoogleとAndroid OS搭載端末製造メーカーに、そしてAppleとGoogleに行うべきなのではないか。

4 Trackbacks / Pingbacks

  1. NTTドコモ、端末代金一括払いでSIMロックの即日解除対応へ – ももかん
  2. 2億台以上が死蔵?なぜ広まらない中古スマホ市場 – ももかん
  3. 独立系「格安スマホ」苦戦、競争政策を見直しへ – ももかん
  4. もうひとつ重要な点を忘れてはいけないと思う – ももかん

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*