au、他キャリアユーザー向けに即日”SIMロック解除”、条件を明らかに

「話題のスマホ」に関して言えばキャリアが販売している端末のロック解除にわざわざこだわる必要などなく、メーカーから直接SIMロックやネットワークロックが施されていないキャリアフリーの端末を購入すればよいだけであろう。

au、他キャリアユーザー向けに即日“SIMロック解除”、条件を明らかに – ケータイ Watch

前述の「話題のスマホ」に関して言えばもう5年以上前からメーカーはキャリアフリーの端末を販売しているわけである。

端末代金の支払いに対する「縛り」を嫌う人やキャリアを頻繁に乗り換えたい人、在外邦人や頻繁に海外渡航を行い、現地で携帯電話回線を契約しているような人であればはじめからキャリアフリー端末を購入するという選択肢もここ5年の間であれば選べるようにはなっている。

だが、実際はどうだろうか。キャリアを通さずに販売されているキャリアフリー端末を購入して使っている人など日本国内においては極少数であり、すなわち多くの人々が未だにキャリアロックが施された端末を分割払いで購入しているというのが現状であろう。

はじめからキャリアフリー端末を購入できる状況であるにも関わらず、消費者はほとんどそれを購入していない。

しかも一括払い、もしくは自身のカードや信販会社によるローンなどキャリアが提供する手段以外でローンを組んでそれを購入していないことはすなわち「人々は端末のキャリアフリー化」、「携帯電話料金の値下げ」、「端末販売と通信契約の分離」など望んでおらず、逆にキャリアに求められていることは「話題のスマホを軽い経済的負担で手にできるようにすること」なのではないだろうか。

そう考えると、以前のエントリでも述べたとおり、キャリアが「話題のスマホ」をはじめとした高額端末を対象に残価設定型ローンのサービスを行うのは当然であろう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください