harman/kardon ONYX STUDIO

客間や居間での作業中、もしくは寝るときに音楽を聴きたいということでBluetoothスピーカーを探していたら、丁度この機種が手ごろな価格で手に入りそうであったため、狙っていたものの、結構人気があるからか買おうと思っていた矢先にどこのリサイクルショップに行っても既に売り切れていた。

そこで某オークションで探していたところ、送料込で6,500円で手に入れることができた。ちなみに、リサイクルショップでの販売価格は7千円以上であるため、ある意味安く手に入ったのかもしれない。

販売当時はソフトバンク専売で定価5万円程度で販売されていたらしいが、同社が携帯電話に添付したため、かなりの台数が出回ったようである。そのためか、今でも市場に大量に出回っているようで、今では前述の通り探せば定価の10分の1程度の価格で購入することもできる。

もちろんその同梱元の携帯電話でないと使えないということは無く、Bluetooth対応(A2DP)の機器であれば大概の機器で使用できるため、今から購入される場合でもご安心を。

harman/kardon ONYX STUDIO

前面。

harman/kardon ONYX STUDIO サランネット取り外し時

サランネットを取り外したところ。二機のウーファーとツィーターが見える。

harman/kardon ONYX STUDIO 接続端子

接続端子、電源とUSB端子があるが、USB端子はそこにパソコンを有線接続して音声を再生したり、USB経由で充電するなど、一般のユーザが利用することはできない。勿体ないものである。

音質は三菱のスピーカーやEtymotic ResearchのER-4S、ソニーのMDR-CD900STなどのモニタ向けとされるヘッドホンとは傾向が真逆と言っていいほど異なる。

全体的にソフトな音で極端な主張は無いものの、しっかりとした低域で芯は通っており、どちらかと言うとながら聴きに向いていると言えるかもしれない。楽曲によっては逆に低域が強すぎ、中高域にあたるボーカルが埋もれてしまう場合もある。

それほど聴き疲れするような音質ではないため、部屋の片隅に置いておき、さりげなく音楽やラジオを流しておくという使い方に最適なのではないだろうか。特に最近では定額音楽配信のサービスも充実してきたため、BGM代わりにさりげなく流しておくというのもいいかもしれない。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください