KINGSOFT Officeが名称変更

Microsoft Office互換ソフトウェアとして販売されていたKINGSOFT Officeが名称を変更し、WPS Officeとするらしい。

ASCII.jp:キングソフトのMS Office互換格安オフィスが「WPS Office」にリニューアル

ただ、同国の企業が開発したソフトウェアに関しては百度のHao123というウイルスまがいのソフトウェアや同社が提供していたパソコン向けおよび携帯電話向けのFEPがユーザが入力した情報を同意なしに送信していた問題、同国のメーカーのパソコンがユーザの同意なしに情報を送信していた問題など、その品質やモラルといった側面で日本での信頼は地に落ちてしまっていると言って過言でないため、その辺りをどのように払しょくしていくかというのが今後の課題といえるかもしれない。

また、互換品でよく、特にサポートも必要ないというのであればオープンソースでかつ無償で公開され、マルチプラットフォームのApache OpenOfficeやLibreOfficeも存在するため、それらの製品との棲み分けをどうするかといった問題も今後の課題と言えるかもしれない。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください