macOS 10.12を今ダウンロードする方法

macOS 10.13をインストールしたものの、あまりの不具合の多さにいざ戻そうと10.8をクリーンインストールしてApp Storeを起動したところ。

App Store

あれ?消えてる。

どうやらAppleの方針で「セキュリティ上の問題から常に不具合の修正された最新バージョンを使わせたい」という事情により10.12以降から旧バージョンの取得が出来なくなったとのことらしい。

だが、前述の通りリリース直後の不具合やソフトウェアの対応状況といった事情で旧バージョンに戻さなければならないなんてことはざらにある。

もちろん前述の「常に最新版を使わせたい」というAppleの方針も理解できないことはないが、そういった不具合に対してソフトウェア開発者やApple、エンドユーザが即座に対応できるわけではないため、この辺りはもう少し見直した上で改善出来ないものなのだろうか。

ただ、今もファイル自体はAppleのサーバに存在するため、それを直接ダウンロードすれば取得できないことはない。その方法としてmas-cliを使う方法がある。

OS X 10.7 Lion ~ macOS 10.13 High Sierraまでのインストーラーアプリをダウンロードし、USBインストーラーを作成する方法。 | AAPL Ch.

mas-cliはHomebrewからインストールすることができるが、いらんものを入れてこれ以上マシンを汚したくないという人はすでにビルドされたバイナリが配布されているため、それを使えばマシンを無駄に汚すことはない。ただし、Xcodeをインストールしていないと使えないため要注意。

まずはmas-cliのバイナリをダウンロードし、それを展開したら「設定」の「セキュリティとプライバシー」からダウンロードしたアプリケーションの実行許可を「すべてのアプリケーションを許可」にしておき、ターミナルを起動し、先ほどのバイナリをターミナルのウインドウ上にドラッグアンドドロップする。

そうするとバイナリへのパスが自動で入力されるため、末尾に”install 1127487414″と追記する。

この状態でreturnキーを押して実行するとApple IDとパスワードの入力が求められるため、入力したらこのようにダウンロードが始まる。

ダウンロード

ダウンロードされたファイルは”/Application”内に記録されているため、それを使って直接インストールするなり、もしくは別のマシンに持って行くなりすれば10.12をインストールすることができる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください