NTTドコモ、iモード対応端末の出荷を終了

今後は「ガラホ」と呼ばれるAndroid OS搭載フィーチャーフォンへ移行するとのこと。iモードのサービス自体は今後も提供を続けていくとのことらしい。

ドコモ、iモードケータイの出荷を終了 – ケータイ Watch

NTTドコモは、iモード対応のフィーチャーフォン(iモードケータイ)を2016年11月~12月を目途に出荷を終了し、在庫限りで販売を終了する。

ドコモ広報は出荷終了の理由について、「現在のiモード端末で利用している部材の一部で、メーカーが生産を終了しており、部材調達リスクを減らすため」と説明している。ドコモでは2015年夏モデルより、spモード対応のフィーチャーフォンを提供しており、今後はspモード対応機種への移行を進めていく方針。

iモード対応のらくらくホンは、当面出荷を継続する。また、iモードサービスは、引き続き提供される。提供終了については、現段階では未定としている。

今やフィーチャーフォン向けOSがすでに「化石」と化していて、VoLTEをはじめとしたLTEなどの次世代通信技術への対応といった今後の新機能追加も見込めない状況である以上、このような流れはある意味仕方ないことなのかもしれない。

ただ、フィーチャーフォンはその製品の特性上廃止することはまず難しいため、いわゆる「ガラホ」という形である程度維持はできたところで、Android OSがフィーチャーフォン向けOSの完全な代替となり得るのかといえばまだまだ不安要素が多いというのもまた事実であろう。

市場に出回る「スマートフォン」はあくまで「コンピュータ」であり、製品の完成度はそこまで要求されない一方で、のちにアップデートなどで高めていけば良いという性質の製品であるものの、フィーチャーフォンは「家電製品」であり、はじめからスマートフォン以上の完成度が要求される。

一方でAndroid OSがフィーチャーフォンのようなはじめから高い完成度を求められる製品に実装してそこで求められるそれを実現できるかという面から考えると、よほど改良を加えない限り難しいのでは無いかと私は考えている。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*