SIMの入れ替えなしに世界中で使えるモバイルルーター

価格的にもWiMAXに十分対抗でき、国内ではエリアの広いNTTドコモ網で利用でき、いざとなればWiMAXではできない国外ローミングが出来ることを考えると、WiMAXの競合として十分驚異的な存在と言えるのではないだろうか。

“SIMの入れ替え”なしに世界中で使えるモバイルルーター – PC Watch

日本国内ではNTTドコモおよびソフトバンクの電波に対応。国外では、その国の現地キャリアで通信を行なう。

国内での1日あたりのパケット通信制限は設けられていない。海外利用時では、申込み容量を超過した場合でもその日の間は128kbpsで通信が可能となっている。

UQのWiMAXサービスには概ね満足しているが、やはり不満が無いわけではない。もちろんそれには「エリアの穴」というものも無いわけではないが、NTTドコモ網が使えればその「エリアの穴」という問題は相当解決できることになる。しかもWiMAXサービスでLTEオプションを利用した際に発生する7GB制限のような契約容量を除く制限も無いことから、前述の通りWiMAXサービスにとって十分脅威となりえる可能性は高いのではないだろうか。

ちなみに、料金は30日間有効で100GBのプランが3,980円。そう極端なことをしない限りは1か月で100GBを超えることはそうそうないと思われるため、容量的にも十分なのではないだろうか。

ただ、これだけの容量がこの価格で提供されるとなると、今後の状況次第ではヘビーユーザを対象としたトラフィック制限がなされたり、ヘビーユーザの増加に伴い回線速度が低下する可能性が極めて高いこと、また、WiMAXや他社MVNOの通信量定額プランの今後の動向に関してもこういったサービスの登場で値下げがなされる可能性が高いため、今後の動向を見守る必要があるかもしれない。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*