Twitterアカウント凍結に関する同社からの回答

公開するか迷ったものの、どう考えてもこの対応には腑が落ちないところがあるため、あえて公開することとする。

この間のTwitterアカウント凍結の件を受け同社に問い合わせたところ、次のような回答が帰ってきた。

Twitter社からの返信

秩序を乱すことや嫌がらせを目的として、または重複使用を目的として、アカウントを大量に作成することはTwitterルール (https://twitter.com/rules) で禁止されています。

仮に、複数のアカウントを所持することが規約違反であるというのであれば、目的毎やプライベート用とビジネス用、もしくは開発者がTwitter APIを使用するソフトウェアの開発用に別のアカウントを所持するということは日常的に行われていることになる以上、また彼らも規約違反で凍結の対象にならないとおかしいはずであるし、「重複利用」や「秩序の崩壊」、「他者への攻撃」が理由であればそれに該当する投稿の内容を同社が提示できないとおかしいと思われる。

そういうわけで、私はすべてのアカウントの凍結解除を電子メールにて日本時間2月27日19時20分頃に求めたわけであるが、現状同社から回答を得られてはいない。

この件以外にもあからさまなヘイトスピーチを行っている緯度おじさんやその取り巻きみたいなアカウントが削除されていないことから、私が今回凍結された理由は後付けであるとも十分考えられる以上、今後同社のサービスを利用することはよほどの必要性が無い限りは無いことであろう。

それ以前に、同社が言論を扱うインフラとして今後運営を続けていく場合、その運営には相当な透明性が求められてくるわけであるが、スポンサーの意向や同社および同社の従業員の信条によりアカウントが削除される場合があるというのであればそれもきちんと利用規約に明記しておくべきであろう。

1 Trackback / Pingback

  1. 蚊に「死ね」と投稿したアカウントが凍結 – ももかん

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください