UQ、WiMAXを平成32年3月末で停波

UQ、WiMAXサービスを2020年3月末で停波 – ケータイ Watch

WiMAXサービスの提供終了とWiMAX 2+機器への機種変更のお願い | 【公式】UQコミュニケーションズ

ついにこの日が来たか、というわけであるが。

同社は、モバイルWiMAX方式を利用するデータ通信サービス「UQ WiMAX」を2009年2月に開始。後継となる「WiMAX 2+」への移行が進められており、同社の保有する50MHz幅の帯域のうち、9月時点では40MHz幅をWiMAX 2+で、10MHz幅をWiMAXで利用している。停波後の2020年4月以降、空いた周波数帯をWiMAX 2+へと転換する。

それにより確保できる帯域は後継サービスであるWiMAX 2+に転用されるとのこと。

また、WiMAX機器を利用中のユーザーを対象に「おトクに機種変更」キャンペーンを10月1日から実施する。WiMAX 2+機器への機種変更時に登録料と端末代金が無料となるもので、対象機種はモバイルルーターの「Speed Wi-Fi NEXT W05」「Speed Wi-Fi NEXT WX04」、据え置き型の「Speed Wi-Fi HOME L01s」の3機種。加えて、「UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)」を選択した場合、通常の月額料金は4380円のところ、3年間は3696円で利用できる。

その際、巻き取りも行われ、指定機種の代金無料、手数料と利用料金の値引きといった対応が行われる。

だが、新帯域との3波キャリアアグリゲーションに対応した端末が現在販売されるかどうかは明らかになっていないため、機種変更はもう少し待ってもよいかもしれない。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください