WiMAX2+サービスのLTEオプション利用料金、今夏から無料にする方針へ

UQがWiMAX2+サービスの補完目的で提供しているauのLTE網を利用した通信サービスの利用料金を今夏から無料にする方針を打ち出した。

UQ WiMAXの「LTEオプション」、今夏より無料に – ケータイ Watch

既に同社では、2016年11月より、auの携帯電話とのセット割である「auスマートバリュー mine」のユーザーに対して、LTEオプションの利用料を無料にしている。その割引対象を夏から拡大することになる。

すでにauの携帯電話サービスの契約者を対象としてサービスそのものの割引と無償化を行っているが、その対象を広げる形となる。詳しい条件は現在未定とのこと。

だが、補完という観点から見ると、ある一定容量までは無償として、その容量を超過したあとは実質的な従量制をとり、WiMAX/WiMAX2+通信時はその制限を一切行わないという形をとるほうがよいのではないか。

例えば無償で使える通信量を1GBとし、それを超過した場合は別途追加料金を支払って利用するという形にするほうが利用者としても使い勝手が良いと思われる。WiMAXの顧客層から考えると自宅や職場、飲食店や小売店など日常的に利用する施設でWiMAXが圏外であるということはおそらく考えられない以上、そのような形で提供するほうが顧客の利用実態からしてもふさわしいのではないかと思われる。

もちろんそれには技術的障壁は特に無いと思われる。現にUQは各サービス(WiMAX/WiMAX2+/LTE)ごとでデータ量を計測している以上、LTE通信時のデータ量のみをカウントし、課金するようなシステムを構築すればすぐにでも実現できることであろう。

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. UQから3年縛りプラン登場と同プランでLTE通信オプションを無料化 – ももかん
  2. LTEの使い勝手がもう少し良くならないものだろうか – ももかん

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*