Y!mobile、旧WILLCOM CORE 3Gサービスを2017年11月で終了

そりゃ、思いっきし自社サービスと競合するわけやさかいにねぇ。

Y!mobile、旧WILLCOM CORE 3Gサービスを2017年11月で終了 – ケータイ Watch

ソフトバンクは、Y!mobileブランドで提供している「IIJ 3Gサービス」(旧WILLCOM CORE 3Gサービス)を2017年11月30日で終了する。

対象となるプランは、「3Gデータ定額」「3Gデータ定額ビジネス」「新ウィルコム定額プランG」の3種類。2017年11月30日まで契約を継続した場合、同日で自動的に契約解除(解約)になる。この場合、契約解除料は発生しない。一方、契約更新月以外の期間に回線を解約した場合は、契約解除料が発生する。

Y!mobileでは機種変更に最適とするキャンペーンを実施しており、PHSからスマートフォンに機種変更すると、契約事務手数料が無料、1年間は「スマホプランS」の月額基本使用料が1980円、2年間は月間のデータ通信容量が2倍などの特典が用意されている。

それ以前に、ソフトバンクに買収されてからもWILLCOM時代のサービスを未だにドコモの回線を使ってやってたことには驚いたけど。

まだWILLCOMが次世代PHSまでの繋ぎとしてドコモから回線借りてやる分にはよかったものの、そのWILLCOMが同じW-CDMAのサービスを提供してるソフトバンクに買収されてしまった以上は容易に認めることは出来なくなったわけで。

そう考えると、イーモバイル買収前にソフトバンクが行っていたイーモバイルの回線を利用したサービスも本来は認めるべきでは無かったんよねぇ。

ちなみに、サービス終了後は自社携帯電話サービスへの巻き取りを行う。ただ、その時代に販売されていた端末であるWS027SHはもう販売から5年以上経過しており、Windows Mobile自体ももう実用的に使えると言える状況では無いため、果たしてどれだけの人がこの端末を使い続けているのかという疑問もあるが。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください